【ガラケー】派の私が【スマホ】にしたのは。「料金」面の問題もなくなり、スマホのメリットが多くなったから

スマホ

ガラケーからスマホへ

「ガラケー」からスマートフォン(以下「スマホ」)へ買い替えることにしました。

携帯会社もauからビックローブに変えることにしました。携帯電話は、主に「通話」と「メール」のやり取りだけ出来ればよったのでガラケーでも十分でした。

料金も安く抑えたいのと自宅以外にネットに繋ぐ必要性をあまり感じておらず、ガラケーを持ち続けていました。

むしろ、自宅でパソコンの画面を見ている時間が多く眼精疲労気味なので、外に出たときくらは目を休めませたいというのもあり、ネットが出来るスマホを持たないようにしていました。

(強制的にネットが出来ない環境や時間が欲しかった)

何故スマホにするのか

何故、そんな「ガラケー派」の私が今回スマホを持つことにしたのかです。

まず現在の携帯会社の「2年縛り」の更新月に今月なったので、買い替えるなら今の時期かと思いました。

2年縛りとは、3大キャリアの契約につきもので、2年間同じ機種を使い続けなくてはならず、その間に解約すると1万円近い違約金が発生します。

そして、調べてみるとガラケーよりスマホの方が「メリット」が多いというのもわかったからです。このメリットとは

失くしたときに探しやすい

スマホには「GPS機能」があり紛失時に地図上で端末の位置を確認出来ます。

紛失したときに他人に使用されないように画面やSIM、SIMカードのロックを掛けたり、データーの消去を遠隔操作ですることが出来るのでセキュリティー面でも安心出来ます。

電話帳の管理が楽

iPhoneでもandroidでもクラウド上に「電話帳」を連携して保存出来るので機種変更のときに楽です。スマホを失くしたとしても新しい端末で読み込むことが出来ます。

無料通話アプリが使える

ガラケーでもLINEが扱えますが、カカオトークやSkypeなどの「無料通話アプリ」が使えます。TwitterやFacebookも使えるので便利です。

大画面でアプリが使える

ガラケー

ガラケーに比べてスマホの画面は、数倍大きくて見やすいです。

タッチパネルなので画面のボタンを直接触れて操作が出来て、字の大きさも大きくなって老眼の私でも見やすいです。

私はガラケーのボタン操作が苦手で、タッチパネルのスマホの方が私は操作しやすいです。

ウエブサービスもスマホが中心

現在では、ウエブサイトのサービスはスマホ対応になっていてガラケー対応のサービスはどんどん減っています。

スマホ対応のクーポンや割引などのサービスが充実してきているので、スマホあればそれらをうまく使うことで節約が可能です。

デジカメ機能がいい

スマホに付いている「カメラ」の性能がよく、デジカメにも負けない写真が撮れるところです。

私はコンパクトデジカメを持ち歩いていましたが、デジカメを持たなくてもスマホがあればいつでも写真を撮ることが出来るので便利です。

コストパフォーマンスがいい

スマホ本体の端末代の価格も以前より安くなってきています。

月額料金も「格安スマホ」を利用すれば、通話とネットはメールと地図、天気予報を見る程度のライトユーザーの私にも現在のキャリアのガラケーの料金とはさほど変わらなくなります。

「通話代」がスマホでは高いというイメージがありました。

しかし、会社によっては5分や10分間の時間指定での「定額通話オプション」や自社アプリ経由で通話料が安くなったりするのでこれらをうまく使うことで通話料を抑えることが可能です。

携帯電話やパソコンを持っていないので、無料通話アプリやメールが使えない母との連絡が一番の問題だったけれども、定額通話オプションに加入することで費用を抑えることが出来ます。

私にとってスマホの一番のデメリットだった料金の問題も案外ネックではなくなってきていて、ガラケーよりスマホの方にやっとメリットが感じられスマホユーザーになる決心をしました。

しぼり菜リズム

スマホ

子どもが2年前にガラケーからスマホにして端末の値段の高さに辟易し、スマホは高額(端末代、月額料金)のものと思っていました。

しかし、端末も低価格でもコスパのよいものが出てきており、「格安スマホ」を利用することでキャリアのガラケーとさほど料金面で変わらないことが分かり私の心を溶かしました。

数日前にガラケーを紛失して、リスクや安全性を考えるとスマホの方がいいのかと思いました。

 icon-long-arrow-right 【携帯電話】を失くした私が行ったこと。「ガラケー」でも、悪用に気を付けなくてはならない

私にとってのスマホを持つことの一番のデメリットは、いつでもどこでもネットに繋ぐことの出来る環境になるのことです。

それが本来のスマホのメリットなのですが、そこをどう自制していくか、悩ましいところです。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

2017年現在57才 50代になって体に色々な変化が起きました。 アレルギー、腰痛、変形性膝関節症、脂漏性皮膚炎、手湿疹、眼精疲労、胃腸の不快感、開帳足等々一気に吹き出しました。 このほかに病気以前、未病のものもあるので 自分の体を見つめ直した生活を考えています。 健康、医療、病気、楽しいことも含めた日常生活を綴っていきたいと思います。 認定医療コーディネーター、ホームヘルパー びわの葉療法インストラクターの資格保有