父のオムツ代やレンタル費用が高く、家族の交通費もばかにならない。入院や療養費用のまとめ

病院

父の入院の費用

父の入院、療養に掛かっている費用をまとめました。

前回までの費用はこちら

icon-arrow-right 父の11月の「医療費」は、300万円!治療やリハビリに掛かった費用のまとめ

6月分

回復期リハビリテーション病院(1~18日)

  • 入院診療費44,400円、食事30,580円 計74,980円
  • 寝巻き、タオル、日用品、紙オムツセット 17日分17,497円
  • テレビカード3,000円
  • 持ち込み食事(ゼリー、茶碗蒸しなど)1,200円
  • 栄養用オイル1,780円、トロミ剤等848円

計99,305円

療養病棟(18~30日)

  • 入院診療費18,580円、食事14,010円、保険外スキンクリーンコットン378円 計32,968円
  • オムツ代41枚13,120円
  • レンタル 寝間着13日分12,155円
  • 雑貨 ティッシュペーパー2箱160円、水はみがき1本500円、ナップ1個300円、サニーナ1本630円 計1,590円
  • 筆記用具、ホワイトボード205円

計60,038円

  • 家族交通費11,184円
  • 介護タクシー 回復期病院から慢性期病棟へ転院 18,930円
  • テレビ購入代18,600円

6月分計 208,057円

7月分

入院料40,920円食事代54,250円 計95,170円
オムツ代97枚31,040円
レンタル 寝間着31日分28,985円、肌着上31日2,666円
雑貨 ティッシュペーパー1箱80円、水はみがき2本1,000円、 計1,080円
家族交通費13,905円

7月分計 172,846円

8月分

  • 入院料41,920円、食事代54,250円 96,170円
  • オムツ代108枚43,560円
  • レンタル 寝間着31日分28,985円、肌着上31日分2,666円
  • 雑貨 ティッシュペーパー3箱240円、水はみがき3本1,500円、スポンジブラシ2本40円 計1,780円
  • 家族交通費13,635円

8月分計 186,796円

9月分

  • 入院料39,600円 食事代(経鼻栄養)56,940円 リハビリ料1,980円 計98,520円
  • オムツ代97枚31,040円
  • レンタル 寝間着30日分28,050円、肌着上30日分2,580円
  • 雑貨 ティッシュペーパー7箱560円、水はみがき2本1,000円、スポンジブラシ30本600円 計2,160円
  • 家族交通費10,844円

9月分計 173,194円

10月分

  • 入院料40,920円、食事(経鼻栄養)51,490円、リハビリ料2,340円 計94,750円
  • オムツ代100枚32,000円
  • レンタル 寝間着31日分28,985円、肌着上31日分2,666円
  • 雑貨 ティッシュペーパー4箱320円、水はみがき2本1,000円、スポンジブラシ30本600円 計1,920円
  • 家族交通費14,541円
  • 理容代1,620円
  • 毛布代9,799円
  • 補聴器代33,000円

10月分計 219,281円

療養病棟は、オムツ代やレンタル代が高い

医療費

回復期リハビリテーション病院から医療療養病棟に移って高くなったものは、以下のものです。

  • レンタル代
  • オムツ代
  • 消耗品
  • リハビリ料金
  • 家族交通費
  • 理容代

回復期リハビリテーションでは、オムツと寝巻き、タオルのセットが月3万円程度でした。

療養病棟に入って、オムツ代と寝間着と下着のレンタル代が月7万円程になりました。(倍以上ですね!)

下着も持ち込みが出来ず、レンタルになり高くなりました。

ただし、紙オムツは、持ち込めない病院等に入院している場合は、オムツ代として区より月額4,800円を支給されます。(後日申請予定)

実家や私の家から病院が遠くなり、6月から交通費が高くなりました。

母は、前の病院に行くときは、東京都のシルバーパスを使っていたので交通費がほとんど掛かりませんでしたが、現在の病院へは使えないのでその分も交通費も高くなっています。

父は痰が多く出るので、自分で痰を取れるときはティッシュを使うので1週間に1箱くらい使ってしまいます。自分で購入すれば、半分程度の金額なので高くつきます。

理容代もリハビリ病院では、美容師学校の学生がカットしてくれたので無料でした。

リハビリの費用もリハビリ病院では、公的医療保険が使えましたが療養病棟では、1単位200円程度になります。

療養病棟で、経済的だったのが唯一テレビの視聴です。

現在の病院は、テレビが持ち込み出来るので「テレビカード」(800分1,000円)の分が安くなりました。(前の病院では、月5,000、6,000円は使っていました)電気代を払うということもありませんでした。

父は、新聞とテレビしか楽しみがなかったのでテレビを終日、値段を気にしないで見ることが出来たのはよかったです。

しぼり菜リズム

療養病棟では、「オムツ代」と寝間着や肌着の「レンタル代」だけで7万円ほど掛かります。

ティッシュや歯ブラシなどの「消耗品」も持ち込みが出来ない分、高くなります。

回復期リハビリテーション病院では、月10~12万円程度だった費用が、療養病棟では、20万円近く掛かるようになりました。

家族の「交通費」も今まで、病院が近かったのが遠くなり負担が増えました。病院選びには、家族の交通費も念頭に入れることも重要だと思いました。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

2017年現在57才 50代になって体に色々な変化が起きました。 アレルギー、腰痛、変形性膝関節症、脂漏性皮膚炎、手湿疹、眼精疲労、胃腸の不快感、開帳足等々一気に吹き出しました。 このほかに病気以前、未病のものもあるので 自分の体を見つめ直した生活を考えています。 健康、医療、病気、楽しいことも含めた日常生活を綴っていきたいと思います。 認定医療コーディネーター、ホームヘルパー びわの葉療法インストラクターの資格保有