手作りは、大変。市販の「素」は、美味しくない。そんな悩みを解決する【ちらし寿司の素】があった

京風ちらし寿司の素で、作るいなり寿司

ときどき「ちらし寿司」を作ります。

美味しいちらし寿司の素がある

市販の「ちらし寿司の素」があまり好きではないので、自分で手作りします。市販のものは、味が濃すぎて食べた後必ず、喉が渇いてしまいます。

炊飯器で酢飯を炊いて、具材を切って煮て炊いた酢飯に混ぜる。ちょっと、気合を入れて作らないといけません。

でも、もっと気軽に作りたいときは、コレ。とても簡単で、美味しい「味の顔見世 京風ちらし」という京風のチラシ寿司の素を使います。(これも、市販ですけど)

味の顔見世京風ちらし

明治17年創業の京都の老舗、錦市場で「味の顔見世」というお店を出している株式会社・木村九商店の商品です。

自分で、作るより高くなりますが、このちらしの素なら満足です。甘ったるくなく、酸味も強くなくてとても上品な味です。

京風ちらし寿司

京都ではちらし寿司のことを「ばらずし」と呼び、年中親しまれているそうです。「ちりめんじゃこ」が入るのが、京風なんだそうです。

9種類の具材

確かにちりめんの風味が、豊かで酢飯に合い美味しいです。

凍り豆腐、干ぴょう、セリ、菜の花蓮根、椎茸、人参、ちりめんじゃこ、竹の子、具材も9種類と豊富です。

自分で、材料をこれだけ用意して調理するのは、大変ですよね。1袋、ご飯1,5合用です。2袋あるので、2袋で家族3人分のちらし寿司を作ります。

作り方は、簡単で具材と酢が入っているので温かいご飯に混ぜるだけです。炊きたてはもちろん、冷めたご飯もレンジで温めればOKです。

すし飯

具材が、沢山入っているので、このまま食べてももちろん美味しいです。

特別な日には、お刺身、魚、錦糸卵、絹さやなど具を乗せれば主役を張れる豪華な一品になります。

ちらし寿司

右は、あなごのチラシ。左は、まぐろのチラシ寿司です。

弁当やいなり寿司にしても美味しい

余ったすし飯は冷凍して、お弁当に詰めたりいなり寿司に使ったりします。

冷凍

弁当やいなり寿司などにちょこっと使いたいときなど、とても便利です。白い御飯があれば、混ぜるだけなので簡単にちらし寿司が出来ます。

これから、暖かくなるのでちらし寿司の弁当を作って、外で食べるのもいいですね。

弁当

いなり寿司は、この酢飯があれば揚げも出来合いを使えば、詰めるだけで簡単です。休日のお昼など手軽に出来るので、重宝しています。

いなり寿司

しぼり菜リズム

京風ちらし

「味の顔見世 京風ちらし」を使えば手抜きだけれど、決して手抜きとは思えない味になります。ちりめんじゃこも風味豊かで、酢飯によく合います。

優しい味なので、子どもはもう少し酸味があってもいいといいます。酸味が足りない人は、ご飯と合わせるときにお酢を足すといいと思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

2017年現在57才 50代になって体に色々な変化が起きました。 アレルギー、腰痛、変形性膝関節症、脂漏性皮膚炎、手湿疹、眼精疲労、胃腸の不快感、開帳足等々一気に吹き出しました。 このほかに病気以前、未病のものもあるので 自分の体を見つめ直した生活を考えています。 健康、医療、病気、楽しいことも含めた日常生活を綴っていきたいと思います。 認定医療コーディネーター、ホームヘルパー びわの葉療法インストラクターの資格保有