夏のトマトは、栄養豊富で美味しくて、暑気あたりにも、いい。簡単レシピで、猛暑を乗り切ろう

トマトおでん

(写真)夏は、冷たいトマトおでんです。

干しエビ、だし汁、しょう油、塩入れた器に、十字に切れ目を入れたトマトを入れ蒸し、冷やしたもの

サラダの三種の神器は、トマト、キュウリ、レタスです。どれも簡単に調理出来、忙しい朝に重宝します。

特にトマトは、赤い色で食欲を誘い、一切れあるだけでも華やかになるので欠かせません。

もずくトマト

夏は、市販のもずく酢にトマトを切って入れれば、火も使わず簡単調理。食欲がなくてもさっぱりして、美味しく食べられます。

トマトは、果物なみに甘いトマトもあり、昔のトマトと比べて、酸味が少なく甘味が強く大型になって食べやすくなっているような気がします。

路地物のトマトは、今が「旬」で、最盛期の安い時期が、一番美味しく栄養もたっぷり含まれています。

トマトの栄養

トマト

リコピン

カロテノイドの一種で、トマトの赤い色はこの「コピン」の赤なのです。リコピンの「抗酸化作用」は、β-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍ともいわれています。

生活習慣病予防や「老化抑制」に効果があります。

抗酸化作用が強いリコピンは、加熱することで吸収率が約3倍に上がります。岩手に住んでいる頃、トマトを栽培していたことがあります。

一度に沢山のトマトを収穫したときは、食べきれないので、丸のまま冷凍して煮込み料理やピザソース、ミートソース、カレー、ミネストローネスープに解凍して使っていました。

火を通すことでカサが減り、沢山食べられます。一つの料理に3~4個のトマトを使っていました。

イタリア鍋

「クッキングパパ」のザ・イタリア鍋

この他、皮膚の粘膜を強くし、風邪など引きにくくするビタミンA、美肌効果、ストレスに対する抵抗力をつけるビタミンC、老化を抑制するビタミンE、塩分を排出するカリウム食物繊維鉄分カルシウムなどの栄養があります。

イタリア鍋

鍋を熱しゴマ油を敷き、ジャガイモ、玉ねぎ、キャベツ、ピーマン、トマト、ベーコン、塩、コショウ、チーズを入れる。蓋をして、弱火で20分放っておく。

イタリア鍋

簡単で、たくさんの野菜を食べられます。

このようにトマトは、栄養豊富でしかも低カローリー、見栄えよしと毎日の食卓に出してもいいですね。

ただし、東京では、トマトは1個100円以上するのが欠点ですが。

夏は、トマト

これから暑い日が、続きますが、食欲が湧かないときも冷たく冷やしたトマトなら食べやすいと思います。

夏が旬なトマトは、体の余分な熱を冷まし、夏の暑気あたりの症状緩和に働くので、このような簡単レシピで、猛暑を乗り切って下さい。

トマト

輪切りのトマトに、玉ねぎのみじん切り、すりおろしニンニク、塩、砂糖、リーブオイル、酢、コショウ、乾燥バジルのオイルソースを掛けて

パーティーのオードブルにも簡単で、華やかです。

トマト

 

ABOUTこの記事をかいた人

2017年現在57才 50代になって体に色々な変化が起きました。 アレルギー、腰痛、変形性膝関節症、脂漏性皮膚炎、手湿疹、眼精疲労、胃腸の不快感、開帳足等々一気に吹き出しました。 このほかに病気以前、未病のものもあるので 自分の体を見つめ直した生活を考えています。 健康、医療、病気、楽しいことも含めた日常生活を綴っていきたいと思います。 認定医療コーディネーター、ホームヘルパー びわの葉療法インストラクターの資格保有