開張足と診断されたので、足指の筋肉を鍛える

歩く

昨年、足裏の横のアーチが低下した開張足(かいちょうそく)と診断されました。

 icon-arrow-circle-right 間違った歩き方で、健康を害す

足には、3つのアーチ・横のアーチ、内側縦のアーチ、外側縦のアーチがありますが、このアーチが着地の衝撃を吸収します。

開張足の場合は、横のアーチがないので、足幅が広くなり靴を履くとき指が当たって痛くなります。開張足が進行すると外反母趾になったり、足だけでなく腰や膝と体全体に障害が出てしまいます。

ブーツ

歩き方を変えたら踵が、極端に偏って減らなくなった(気がする)

開張足と診断されて、行った3つのこと

1足指の筋肉を鍛える

横のアーチがない開張足の私は、歩くときに足の指で体重を支えていないので足の指の筋肉を使っていません使わない筋肉は、低下ます。そこで、足の指の筋肉を鍛えてアーチの低下を防ぐようにしました。

・足指じゃんけん

足指じゃんけんグー

グー

チョキ

チョキ

じゃんけんパー

足の指は、普段使わないのでじゃんけんの「パー」がなかなか出来ませんでした。これもあまり指の間が開いていませんが。

・タオルギャザー

タオルギャザー

・ボール運動

テニスボール 足指ボール運動 足のマッサージ

ヨガをやっている知人に、頂いたテニスボール。足指の筋肉を鍛えるのにいいとヨガの先生から教わった方法だそうです。(右)足裏は、ストレス緩和のマッサージ。気持ち良すぎてやり過ぎてしまう。

2正しい歩き方をする

【正しい歩き方】

歩くとき、足の踵から足を着地させる。踵から足の指先に体の重心が移動足の指先に体重を乗せ、しっかり体重を支えてから、反対の足を出す。


今まで、着地するのが足の踵ではなく、足裏というペタペタ歩きをしていましたが、今は意識して正しい歩き方をしています。正しく歩くことで、足指の筋肉が鍛えられるのです。

3アーチの補足・オーダーメイドのインソールを作る。

開張足は、横のアーチが低下しています。そのため、本来ならば足のアーチがクッションの役割をしますが、このクッションがないため歩く度に足裏に衝撃が掛かります。

その衝撃を和らげるためにアーチの補足をするのが、インソールです。インソールを靴に敷いで、歩いたときの着地の衝撃を吸収させます。インソールでアーチを補足して、歩く度に指先に体重が乗った瞬間、しっかり体重を支えます。

私は右足のインソールを、整形外科で作りました。足裏の型を取って作るオーダーメイドのシリコン製のインソールです。義肢装具士が、いる整形外科だと作ることが出来ます。

インソール インソール

16,130円でしたが、保険が適用されたので3割負担の4,839円でした。型を取ってから1週間くらいで出来ます。右足のみ開張足と診断されたので左足は、保険適用外なので作りませんでした。

私の場合は、色々な靴に使いたかったので足の裏全体をカバーするものではなく写真のタイプにしました。

インソール

整形外科で作ったインソール

インソール

生協で購入した左右のインソール

4番外

開張足の人に指ソックスがお薦め!

家ではほとんど素足なのですが、靴下を履くときは5本指ソックスを履きます。

足の指を動かせるので、指の筋肉の運動にもなるので私のような開張足の人にもお勧めです。1本ずつ指を覆っているので、冷え性の防止にもなります。夏などは普通の靴下を履くと蒸れてしまうのですが、指ソックスは蒸れにくいです。

このシルクの指ソックスは、夏でもサラッとしていて気持ちがいいです。

指ソックス

魚の目がなくなった

歩き方を変えてから、魚の目が出来なくなりました。スピール膏を貼ったり、自分で表面を削り取ったりしていたのですがなくなることはありませんでした。

魚の目は、こうして根本から直さないと治らなかったのですね。気のせいか靴の底も偏って減らなくなりました。

開張足が進行して外反母趾になってしまえば、好きな靴が履けなくなってしまう。まだまだ、足のお洒落をしたい。これが、私のモチベ―ジョンで、毎日の筋トレにせっせと励み、日々正しく歩くことを心掛けるのです。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

2017年現在57才 50代になって体に色々な変化が起きました。 アレルギー、腰痛、変形性膝関節症、脂漏性皮膚炎、手湿疹、眼精疲労、胃腸の不快感、開帳足等々一気に吹き出しました。 このほかに病気以前、未病のものもあるので 自分の体を見つめ直した生活を考えています。 健康、医療、病気、楽しいことも含めた日常生活を綴っていきたいと思います。 認定医療コーディネーター、ホームヘルパー びわの葉療法インストラクターの資格保有