お洒落なパンケーキカフェで、85歳の母は浮いていた?お箸で、パンケーキを食べた母

j.s pancake café

父の病院の面談の帰り母と妹と3人で、昼食を食べました。

面談の話を聞いて、落ち込ちていた気分を上げようとガラス張りの開放的で、明るいお洒落なカフェに入りました。

中野セントラルパーク

中野セントラルパークというビルが、いつの間が出来ていたのですね。近くを通ったときに気になっていたお店です。

パンケーキ屋さんに入ってみた

入ったお店は、中野セントラルパークの中の『j.s pancake café』

『ジャーナルスタンダード』などアパレルブランドで有名なベイクルーズが運営するパンケーキ屋さんです。

パンケーキカフェ

『ジャーナルスタンダード』といえばやはりアパレルブランドですが、「パンケーキ」のお店をやっていたのですね。知りませんでした。

ここのシンプルな店員さんのユニフォームも、ジャーナルスタンダードなのかと思いました。

85歳の母でも入れる店?

85歳の母とこのお店に入ったのですが、母はやはりこんなお店がいいようなのです。

  • 高齢者でも入りやすくて、テーブル席で、ゆったりと落ち着いて、食事や話が出来る店。
  • 小奇麗で、お昼どきに客層が高めの人も多い店。
  • 使いやすいトイレが完備され、接客も高齢者に優しい店。選ぶ基準は、「高齢者に優しい店」です。

私が、行ってみたくて入ったこのパンケーキ屋さんは、母ににとってはどうだったのでしょうか。

ランチメニュー

母は並んで待つことは疲れるので、行列は基本NGです。1時過ぎなら空いているかと行きましたが、結構、混んでいて行ったときも4,5人並んでいました。

並んでいるといっても店の中で、椅子に座って待つことが出来るので母の了解を得て、入ることにしました。

白を基調にした店内は、明るく開放感あり、無垢材の柱や梁がアクセントとなりスパイスを効かせています。段差もなく車椅子でも入れそうです。

椅子に座って、10分くらい待ちやっとテーブル席へ。

店内

このお店はパンケーキの店とサラダやサンドイッチを自分で、選んで食べるエリアに左右分かれています。

入ったときに説明がなかったので、どちらへ行ったらいいのか迷ってしまい分からなかったです。

たまたま、パンケーキの食べられる列の方に椅子があったので母のことを考えて、そちらに並びました。

パンケーキでもサンドイッチでもどちらでも、よかったのですが説明が欲しかったです。店員さんは、とても忙しそうで案内する人の手も足りなかったのかもしれません。

このようなので、テーブル席が空いてもすぐに片付けられず、順番が来てもなかなか座ることが出来ませんでした。

厨房を覗いても店員さんは、皆女性で、フル回転という感じで動いています。

私達が食事中も、客が途切れることがなく人気のお店のようです。

お昼を過ぎても客が絶えないのは、パンケーキやカデザートなどのカフェメニューがあるからかもしれません。この日の客層は、1人だけ男性を見かけた他はほぼ女性でした。

ベビーカーで来ている子ども連れも多く、主な客層は20代から40代の女性という感じです。

母とカフェ

その中で、85歳の母は、場違いで浮いていたのかというと以外にそうでもなかったです。この日は、70代位の女性のグループが6,7人で来ていました。

母、子、孫という3世代で来ている方や一人で来ている70代位の方もいて母だけ高齢という訳ではありませんでした。年齢層の高い女性にも人気があるのですね。

年齢よりも男性がほとんどいなかったので、むしろ男性の方が目立っていました。

座った席では、全面ガラス張りの窓から人通りを眺めて食事が出来ます。ゆったりとしてお洒落な感じですが、常に満席で人が多い分、ザワザワしていてなんとなく落ち着きません。

店員さんもバイトの子が多いのか、臨機応変にというより少し不慣れな感じがしました。

パンケーキは、どうだったか

昼食を食べていなかったので、3人とも食事系パンケーキのプレートを注文しました。

それぞれ、パンケーキにサラダ、目玉焼き、ラザニア、ウインナー、生ハムなどが付いています。これにに飲み物をつけて、1200円~1300円です。

パンケーキプレート

ハーフ&ハーフ

250円をプラスすれば、サラダバーを付けられますが、このプレートには、サラダもあるので付けませんでしたが十分でした。

プレートで、サラダとソーセージが特に美味しかったです。パリッとしたウインナーは、スパイシー。新鮮な野菜を使ったサラダは、 酸味の効いたドレッシングとよく合っていました。

ミール系パンケーキ

生ハム&ルッコラパンケーキ

主役のパンケーキはどうだったかというと普通でした。私が頼んだパンケーキは、デザート系の甘い物だったのでやはり甘くないパンケーキの方がよかったです。

母が頼んだ甘さを抑えた全粒粉100%のミールパンケーキを貰いましたが、こちらの方が美味しかったです。

今回は、主役のパンケーキより脇役のサラダやウインナーが美味しくてが気に入りました。

ハーブチキンソーセージ

パンケーキでお腹が膨れるので、見た目より満足感はあり量も十分でした。

母は、パンケーキが、多かったようで残してしまいました。残ったパンケーキは、妹と私で食べました。

コーヒー

コーヒーもマグカップでどんと出てきます。このコーヒーで粘って、1時間以上おしゃべりをしていました。

トイレは同じ建物の店の外にあるので、一度、外に出なくてはなりません。寒い日などは、面倒だと思いました。

母は、パンケーキを食べる時にナイフとフオークでは、食べにくいのでお箸を貰いました。

パンケーキ専門店ですので、お箸で食べる人はなかなかいないのでしょう。店員さん、他の人に聞いてしばらく探していました。(お手数、お掛けしました)

でも、ありましたよ。お箸を用意してくれたので、母は、私が切り分けたパンケーキをお箸で食べていました。

しぼり菜リズム

ナイフとフォーク

母のような高齢者でも、和食やさっぱりとしたものばかりではなく、ラーメンやこのようなパンケーキなども食べたいようです。以前、ラーメンを食べた話↓

 icon-arrow-right 優しくて、高齢者にも「中毒性」のある白湯ラーメン。【麺匠 ようすけ】を気に入った母

母にとって、居心地はそう悪くなかったようですが、やはり人気店故、入口辺りに人が常に並んでいたり、ガヤガヤと騒がしいのは落ち着かなかったようです。

この日は、比較的シニア層の女性も多く母でも全く違和感はありませんでした。

【ジェイエス パンケーキカフェ 中野セントラルパーク店】

  • 03-5345-7360
  • 東京都中野区中野4-10-1 中野セントラルパークイースト 1F
  • JR、東京メトロ東西線中野駅北口徒歩5分
  • https:こちら

 

ABOUTこの記事をかいた人

2017年現在57才 50代になって体に色々な変化が起きました。 アレルギー、腰痛、変形性膝関節症、脂漏性皮膚炎、手湿疹、眼精疲労、胃腸の不快感、開帳足等々一気に吹き出しました。 このほかに病気以前、未病のものもあるので 自分の体を見つめ直した生活を考えています。 健康、医療、病気、楽しいことも含めた日常生活を綴っていきたいと思います。 認定医療コーディネーター、ホームヘルパー びわの葉療法インストラクターの資格保有