夏は、温かいハイビスカスティーで疲れ知らず

ハイビスカスティー

暑いと冷たいものをがぶ飲みしてしまいます。冷たいものばかり飲んでいると胃腸に負担が掛かり、食欲がなくなります。

食欲がなくなると夏バテしてしまうので、暑いときほど、お湯を沸かして温かいものを飲むようにしています。

休日は、必ずコーヒーを飲むので、コーヒー以外にノンカフェインのお茶を飲むようにしています。

暑い時期に温かくても飲みやすいのが、ノンカフェインのハイビスカスティーです。抽出したお茶は、ルビーのような綺麗な赤で、南国に想いをはせ、見た目で楽しませてくれます。

連日の猛暑に、室内外の温度差、日差しのダメージなど、夏の悩み対策にも効果的で、癖になる酸味(クエン酸)が元気を与えてくれます。温かくても爽やかで、飲むとさっぱりとします。

ハイビスカス

美容、体にいいハイビスカスティー

ハイビスカスティーはビタミンCやクエン酸が豊富で美肌や疲労回復にも効果があり、デドックス、利尿作用のあるカリウムも多く含まれています。

クレオパトラが、美しさと若さを維持するために飲んでいたとも伝えられ、エジプトでは「カルカデ」の名で日常的に愛飲されています。夏バテに効く成分が豊富に含まれているので、ハイビスカスティーは、暑いエジプトにはぴったりなのですね。

また、東京オリンピックの金メダリストであるマラソンのアベベ選手が、スポーツドリンク代わりにハイビスカスティーを飲んでいたというエピソードもあります。

ハイビスカスティーのクエン酸には新陳代謝を良くしたり、筋肉の疲労を回復させてくれる働きがあるので、アスリートにとってもってこいだったのでしょう。

アントシアニンも含まれているので、抗酸化力があり私も悩んでいる眼精疲労にもいいそうです。

私のハイビスカスティーの飲み方

子どもは、オリゴ糖やハチミツなどを入れて冷たくして飲んでいます。酸味があるので、このように甘味を足すと飲みやすくなるようです。

アイスハイビスカスティー

アイスハイビスカスティー

私も最初は酸っぱいと思いましたが、飲んでいるうちにその酸味が癖になり何も入れず、ストレートで飲んでいます。

ハイビスカスティーを作るときは茶葉より楽なので、ティーパックで抽出させて飲んでいます。

原料の産地が沖縄の仲善のティーバッグは、1包で2~3杯分の量が抽出出来るので、1包を子どもと2人で飲んでいます。

ティーパック

夏こそ、温かいハイビスカスティー

夏になるとどうしても冷たいものばかり飲んでしまい、冷たい飲み物で胃腸に負担が掛かります。そうすると、食欲がなくなったり疲れやすくなります。

夏の疲れが溜まると、秋にも体の不調が出てしまいます。

猛暑の続くこの時期は、敢えてホットのハイビスカスティーを飲んでいます。温かいハイビスカスティーでも、酸味が効いているため爽やかな後味でさっぱりとします。

温かい飲み物を飲むことで、冷たいもののがぶ飲みが止まります。

ハイビスカスティーのルビーのような「赤」とクエン酸の酸味が、夏の疲れに作用して元気をチャージしてくれるのです。


 

 

ABOUTこの記事をかいた人

2017年現在57才 50代になって体に色々な変化が起きました。 アレルギー、腰痛、変形性膝関節症、脂漏性皮膚炎、手湿疹、眼精疲労、胃腸の不快感、開帳足等々一気に吹き出しました。 このほかに病気以前、未病のものもあるので 自分の体を見つめ直した生活を考えています。 健康、医療、病気、楽しいことも含めた日常生活を綴っていきたいと思います。 認定医療コーディネーター、ホームヘルパー びわの葉療法インストラクターの資格保有