ニコンD5500標準ズームレンズ

標準ズームレンズAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II

ニコンD5500標準ズームレンズAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIで、料理の写真を撮る

ニコンD5500レンズ

ニコンD5500標準ズームレンズAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIです。

室内で。料理の写真をレンズの焦点距離を変えて撮りました。

分割測光

Iso200

標準ズームレンズAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II

焦点距離18㎜ 1/20秒 f3.5

標準ズームレンズAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II

焦点距離25㎜ 1/30秒 f4.0

標準ズームレンズAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II

焦点距離55㎜ 1/10秒 f5.6

ジャガイモ砂糖

1point:ジャガイモを茹でる時、大匙1の砂糖を入れるとうまみが引き出されます。

標準ズームレンズAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II

焦点距離30㎜ 1/13秒 f5.6

デジイチ1年生には、広角・標準レンズとしては使いやすいレンズ

f/3.5-5.6のズームレンズだと、昼間でも台所など少し暗い場所だと手ぶれをしてしまいました。口径の大きい単焦点レンズだとこの辺りは違うのかと思いました。

三脚を使うのも面倒だったので、室内でも窓際の明るい場所で撮影しました。

軽量(195g)で、気軽に撮影出来るので、とっとと(料理を)作り、(料理を)並べて、とっとと写せる出番の多いレンズです(と言ってもこの他にAF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRしかないですが)脇役のオムライスのボケ具合もまあまあです。うちの場合、築40年の古い家屋なので写したくない場所もあるので、うまくボケを生かした写真を撮りたいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

2017年現在57才 50代になって体に色々な変化が起きました。 アレルギー、腰痛、変形性膝関節症、脂漏性皮膚炎、手湿疹、眼精疲労、胃腸の不快感、開帳足等々一気に吹き出しました。 このほかに病気以前、未病のものもあるので 自分の体を見つめ直した生活を考えています。 健康、医療、病気、楽しいことも含めた日常生活を綴っていきたいと思います。 認定医療コーディネーター、ホームヘルパー びわの葉療法インストラクターの資格保有